商品紹介

商品紹介トップに戻る

舵取機

ロータリーベーン式舵取機の沿革

当社は、1987年に英国のMr. Peter Bingham からシリング舵(Schilling Rudders)およびベクツイン舵システム(Vectwin Rudder Systems)の技術を実施許諾されましたが、これに対応するために、先ず大舵角のピストン式舵取機(日本特許)を自社開発して、舵と舵取機のパッケージ販売を実施するとともに、更なる技術開発を推進しました。
その間、かかる大舵角に最も適合する舵取機について調査研究の結果、ロータリーベーン式舵取機の採用が不可欠であるとの結論に至り、ロータリーベーン式舵取機として最高の設計であるのはノルウェーFrydenbo 社の設計であると判断し、1990年にFrydenbo社のロータリーベーン式舵取機の日本国内における製造販売権を取得しました。しかしその後、Frydenbo社の経営変更により、標準機種、提携機種も変更されました。
そこで当社では、日本国内の顧客に対する供給責任があることに鑑み、Frydenbo 社の新しいマネージメントに対して種々問題解決策を提案すると共に、当社の多年の実績を基にした独自の技術開発を日本財団のご援助の下に推進しました。また、多数の日本特許を取得しました。
その結果、Frydenbo 型ロータリーベーン式舵取機の設計製造が可能になりました。世界において、現在、Frydenbo型のロータリーベーン式舵取機の設計・製造技術を持つのはRolls-Royce Marine社と当社の二社であるとの認識の下に、両社が相互に協力して世界の造船界に貢献することが合意されるに至りました。
そのため当社は、日本国内においては、シリング舵およびベクツイン舵システムに最も適合する舵取機としての技術開発の成果に基づくロータリーベーン式舵取機の製造販売を実施することになりました。

アクチュエータの特徴

油圧システムにバルブブロック方式を導入し、安定した運転を実現。
また、シール材にはThordon社のThorflexを採用する事で、より高い信頼性を確保。


①トルク特性が極めて合理的(出力トルクは舵角の影響を受けない)
②大舵角に最適の構造
③構造が極めて簡単
④ラダーキャリア機能が内蔵されている
⑤アクチュエータの内部構造は回転体とシールのみ
⑥制御弁、オートロック弁、集積形絞り弁、安全弁等をバルブブロック方式として一体化している(配管系統の合理化、調整・補修が容易)
⑦シール油圧源及び油圧制御装置は総て機外に装備される(点検・補修が容易)
⑧グランドシールはVシールを採用、2段シール式としている(信頼性が向上)
⑨実績のあるシール材Thorflex sealを採用
⑩多年の実績に基づく、合理的なシール形状およびシーリングシステムを採用
⑪万一の場合は洋上でリングシールの交換が可能なシール方式を採用、信頼性が向上

作動及び制御油圧システムの特徴

安定した作動、省エネルギー効果。外部冷却効果を有する。


①制御油圧システムを作動油圧システムとは独立させたシステムとしている。
②作動油圧システムを制御油圧に使用しないため省エネルギー効果となる。
③バルブブロックをアクチュエーターに取り付けるため、外部配管の合理化が可能となると同時に、外部配管内の作動油の循環により冷却効果が得られる。
④シーリング油圧源である圧力バルブを機外に設置するため、合理化と信頼性向上が可能。
⑤軸受室に作動油が導かれるため、軸受の性能が向上。

作動監視計付舵角指示装置

転舵速度が正常かどうかを監視して、舵角指示装置に表示する、また、舵角を光学的に検出する革新的方式

ポンプユニットの特徴

高信頼性のベーンポンプを採用。


①オープン油圧システムに対して最適である、標準型のベーンポンプを採用
②ポンプをタンク上部に設置(ベーンポンプの特性から可能)
③作動油圧ポンプと制御圧ポンプとを独立させ、両ポンプをタンデム配置
④構成が簡単なため、点検・補修が容易(多数の実績により実証されています)

据付及び艤装工事の合理化を実現

据付・艤装の工期短縮、工数削減ができます。

●アクチュエーターがラダーキャリア機能を内蔵しており、また、据付台一体型の構成のため、据付工事・艤装工事の合理化を実現
●熟練を要する軸心位置調整を必要とせず、また、ボーリング作業を必要としないため、艤装工事が容易
●50,000DWT BCにおける据付工事・艤装工事の合理化の実例
①工数削減・・・・・・・100工数
②工期短縮・・・・・・・1週間

J型舵取機要目表

舵角を従来の2×35°から2×45°にすることにより舵性能(船の操縦性能)が一段と向上することが実証されています。
ロータリーベーン式舵取機はかかる大舵角に容易に対応できます。

備考 : J2型はベーン2枚、J3型はベーン3枚
設計油圧は機種により異なりますが略80kg/c㎡
安全弁設定油圧は設計油圧の125%

型式 設計トルク
/kN-m
(t-m)
最大
舵角
/deg.
舵頭材
最大径
/mm
電動機
(1台常用)
定格/
kW×台
ベース
プレート
径/(A×T)
全高
/(B)
重量
/kg
(含据付台)
J2-3T 27.0(2.8) 2×70 160 2.2×2 870×50 908 1160
J2-5T 45.0(4.6) 2×70 160 3.7×2 870×50 908 1160
J2-7T 70.5(7.2) 2×70 180 5.5×2 870×50 955 1320
J2-10T 100.9(10.3) 2×70 210 5.5×2 1100×50 1084 2000
J2-15T 149.5(15.2) 2×70 280 7.5×2 1100×50 1346 2730
J2-22T 203.8(20.8) 2×70 280 11×2 1100×50 1346 2730
J2-30T 329(33.6) 2×70 390 15×2 1500×50 1550 5450
J2-40T 396(40.3) 2×70 390 15×2 1500×50 1650 5850
J2-55T 570(58.1) 2×70 420 22×2 1880×50 1590 6750
J2-70T 679(69.2) 2×70 450 30×2 1880×50 1560 9130
J2-90T 875(89.2) 2×70 490 37×2 1880×50 1710 9800
J3-45T 494(50.4) 2×45 390 18.5×2 1500×50 1550 5550
J3-60T 593(60.5) 2×45 390 22×2 1500×50 1650 6000
J3-85T 855(87.2) 2×45 420 37×2 1880×50 1590 6850
J3-105T 1018(103.8) 2×45 450 45×2 1880×60 1560 9200
J3-135T 1313(133.8) 2×45 490 55×2 1880×60 1710 9900
 
ポンプユニット
(幅×長さ× 高さ)
750×950×950
750×950×950
750×950×970
750×950×970
900×1130×1110
900×1130×1140
900×1140×1195
900×1640×1270
900×1700×1290
900×1700×1360
950×1700×1465
900×1700×1290
900×1700×1290
950×1700×1465
1000×1800×1490
1000×1900×1600
(上記は標準の場合を示します。)
J型舵取機

据付
舵取機甲板に据付穴を窄孔し、舵取機据付台のベースプレートを挿入し、軸心位置調整を行った後、ベースプレートを舵取機甲板に溶接します。

<別方式>
ベースプレートを舵取機甲板上に置いて、調整ボルトで据付位置を決定する方式も可能です。

据付別方式

商品紹介TOPに戻る